DIYの魅力について知るサイト

>

DIYでよく使う材料について知ろう

メジャーな材料はこんなのがある!

1、木材
これはDIYの定番中の定番ですね。
木にも様々な種類があり、「木材」「集成材」「合板」があります。
木材は何の加工もしていない無垢材とも呼ばれる素材です。
集成材は板を何枚も接着剤で繋げた板で、見た目はフローリングに似ています。
合板は板を何層も重ねた形で、かなり頑丈になっています。
DIYでよく使われるのは木材で、集成材は天板、合板は棚などに使われています。

2、鉄かご
鉄かごもDIYでは定番のアイテムになっています。
見た目的にも小さいので収納ボックスとしてもすぐれています。
また、棚があれば何個も鉄のかごを入れると効率性もかなり上がります。
上の部分に紙を張り付けたりシールを張ったりするとなお可愛くなるのでお勧めです。

こんなのも使われるって知ってた?

1、カッティングボード
カッティングボードはパンを切るときに使うまな板で、見た目はピザを窯に入れて焼くときに使う道具に似ています。
じつは上に小さな穴が開いているので棒を通すと壁になるため有効性はかなり高めになっています。
また木なのでインクを塗ることで自分が好きな作品に仕立て上げることができます。

2、貝殻やヒトデ
夏だけの素材ですが貝殻やヒトデはDIYでもよく使われています。
見た目が可愛いので棚に張り付けたり、空き缶に張り付けたり、ゴミ箱に張り付けたりする人が多いようです。
3、松ぼっくり
松ぼっくりもDIYではマイナーの中の定番であり、飾りつけとしてよく使われています。
上に小さな星を付ければクリスマスツリーにも見立てることが出来ます。
大きいので張り付けるのには不向きですが、飾りつけとしてはピカ一なため、置くだけでもかなりとイメージが変わります。